グレタさん「私たちは絶望の淵にいる」


       

23日開催、国連で開催された「気候行動サミット」
衝撃の演説を耳にし、カラダガ震える思いをしました。

スウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさん(16歳)
演説の内容を紹介します。

私が伝えたいことは、私たちはあなた方を見ているということです。
そもそも、すべてが間違っているのです。私はここにいるべきではありません。
私は海の反対側で、学校に通っているべきなのです。
あなた方は、私たち若者に希望を見いだそうと集まっています。
よく、そんなことが言えますね。あなた方は、その空虚なことばで
私の子ども時代の夢を奪いました。
それでも、私は、とても幸運な1人です。人々は苦しんでいます。
人々は死んでいます。
生態系は崩壊しつつあります。私たちは、大量絶滅の始まりにいるのです。
なのに、あなた方が話すことは、お金のことや、永遠に続く経済成長という
おとぎ話ばかり。よく、そんなことが言えますね。

身体を震わせて顔色を変えて、この迫力、世界中の大人は考えるべきです。

2019年9月26日